【人をだめにするシリーズ 1】トレイボーとは『yogibo Traybo2.0』

生活

「人をだめにするクッション」で有名なヨギボー。
サイズも色もたくさんあり、大人気ですね。じつは、ヨギボーの仲間に「トレイボー」があるのはご存じでしょうか?

トレイボーとは

クッションとトレー(テーブル部分)が一体化したようなもの。どこでも持ち運べる机・テーブルです。PCやタブレットのみならず、本を読むときにも使えます。
カラーバリエーションは、ダークグレー、アクアブルー、ライムグリーンの3色。
価格は 5,980円 (税抜)
私は、ダークグレーを選びました。

それが、さっそく届きました!!!

テーブルの部分は竹で、非常に丈夫。丸みのあるフォルムで、とてもかわいいです。クッション部は適度な厚みがあり、PCの作業が快適にできます。実際に、今もトレイボーの上にPCを置いてこの記事を書いています。
クッション部の生地は、実はヨギボーの生地とは違うんです。ヨギボーほどの伸縮性はなく、分厚いTシャツ(?)みたいな感じの生地です。説明が下手ですね…。

そもそも伸縮性はそんなに必要ないので、しっかりとした丈夫な生地のほうが、安心かなと思いました。

斜めにしてもPCや本が落ちないためのストッパーとして、テーブルと同じ竹製の棒がついてきます。両面テープがついていて、自分で貼り付けます。私は、テーブルを広く使いたいのでとりあえず貼り付けずに、フラットな状態で使用しています。

色は、部屋の色に合わせてダークグレーにしたのですが、実際に使っているときは、竹製のテーブル部分しか見えませんので、生地の色は、明るい色でもよかったな…とも思いました。明るい色味のほうが、ヨギボーシリーズらしさが出ますよね。しかし、シックな色合いで、インテリアの邪魔をしないダークグレー、私はとても気に入りました。

使い勝手は?

使い勝手については、部屋のどこにでも持ち運べるので、とても便利です。実際に使ってみると、クッション部分が自在に変形しますので、脚へのフィット感が絶妙。クッションの厚みで、PCを操作がしやすい位置に置くことができます。ヨギボーやソファーに座ってPCを膝の上に置くと、不安定ですし、脚が熱くなることもありますが、その不快感が解消されます。ベッドで寝ころがりながらタブレットで動画を見るときにも重宝すると思います。ベッドなどフラットではないところにおいても、クッション部分が変形することで安定するんです。

見た目よりも安定感があるうえに、クッション部分を調節することで、自分の好みの角度で使用することができます。

デメリットはないの?

見た目もかわいく、使い勝手もよいトレイボーですが、ヨギボーのように、カバーを変えることができません。クッション部分は外れませんので、洗うこともできません。

アフターサービス

実は、届いたトレイボーですが、表面に傷がついていたんです。
同封されているパンフレットに、アフターサービスについても記載があり、初期不良については到着から7日以内に連絡するように書かれています。
電話か、メールでの連絡なのですが、電話をしてみました。通常はその電話で、交換の手続きができるようです。ただ、私は購入した場所がビックカメラだったため、ビックカメラ経由で交換の申し込みをしなければならないとのこと。
「ビックカメラ経由でも、きちんと交換の対応ができますから、大丈夫ですよ。お手数ですが、再度購入された店舗にご連絡いただけますか?」ととても丁寧な対応に感激。

購入店であるビックカメラに連絡すると、たまたま在庫があったそうで、当日新しいものを届けてくれました。
ビックカメラも神対応!!速やかな対応に驚きました。

ということで、何かあっても、コールセンターがあるので安心できます。

まとめ

かわいいし、使い勝手もよく、私にとってはいいことばっかりでした。
ヨギボーとの相性はもちろんばっちりですが、普通のソファーに座っているときも、使っています。ただ、洗えないので、汚さないように気を付けなければいけません。

アフターサービスは非常に丁寧にご対応いただけることがわかりましたので、安心。
※購入は、やはり、公式ショップがいいでしょう。それ以外のショップでのアフターサービスや保証は、検証していませんので、わかりかねます。公式ショップ以外では、本記事のような対応が受けられない場合も考えられます。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました