きくらげの戻し方を写真付きでご紹介

レシピ

美容効果が多いと話題の木耳(きくらげ)。独特な歯ごたえが、美味しいですよね。
中華料理、エスニック料理に入っているイメージが強いかと思います。しかし、あえ物、炒め物、スープ…と、何に入れても大丈夫。ぜひ、食卓に取り入れてみませんか。

今回は、きくらげの戻し方を、写真付きでご紹介します。

戻し方

きくらげをさっと水洗いして、水をはったボールに入れる。
そのまま、5~6時間ほど放置します。
※6時間ほどで、乾燥前の重量になるといわれます。

こんなに大きくなりました!!

つけていた水は、少し色がついていますが、干し椎茸のような出汁は出ないようです。


包丁と比べても大きいですね。

戻したきくらげは、冷凍することができます。適当な大きさに切って冷凍しておくと、使いたいときに、使いたい分だけ使えます。戻す時間も必要ないため、とても便利です。

美容効果については、後日まとめますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました