【PMSがつらい】ピル服用についてのあれこれ

ピルがPMSにも効果があることは、ご存じでしょうか。
ピルはまだ、日本での認知度が低く、服用している方も少ないです。

その理由のひとつが、副作用への恐怖感だと思います。しかしながら、もちろん、良い効果もあります。

生理痛やPMSに悩んでおられる方に少しでも参考にしていただければ幸いです。

ピルについて

ピル(経口避妊薬)は、エストロゲンとプロゲステロンを含み、服用することで女性の排卵を抑制し、避妊効果があるお薬です。

避妊のほかにも、PMSの緩和、子宮内膜症の治療を目的として処方されることもあります。

日本では必ず医療機関を受診し、処方してもらうことになっています。海外では、薬局で購入が可能ですが、個人輸入での服用はお勧めできません。

婦人科ではどんな診察があるのか

まずは、問診で、先生に症状を伝えます。

次に内診、エコー検査で、子宮内に異常がないかを確認します。

その後、ピルの効果・副作用・飲み方など、説明を受けます。
肥満・喫煙は血栓症のリスクが上がりますので、気を付けなければいけません。

※ピルは必ず医療機関を受診し、処方していただきましょう。

しかし…婦人科というと、あまり行きたくないと感じる方もいますよね…。

私は絶対下調べしてから行くことにしています。どんな病院でも。

ピルの処方の経験が豊富で、HPで雰囲気がわかるようなレディースクリニックだと、若い女性でも安心して行けるかもしれません。

女医さんを希望される方も多いと思います。ピル処方の前に、問診と内診は必須ですからね…。

心配なことは調べてみてから行くべきだと思っています。

場所にもよると思いますが…地域にある妊婦さんが多く来ている産婦人科よりも、ピル処方の多いクリニックのほうが、気が楽かなと思います。(みなさんピルの処方を受けていますからね)

※↑↑私個人の意見です。

ピル処方の経験豊富なクリニックのHPを記載しておきますね。※ここに行ってくださいという意味ではありません。参考までに…見てみてください。定期的に通うクリニックですから、家の近くなど通いやすいところが良いかなと思います。

■文化村通りレディスクリニック

https://www.shibuya-bunkamuradori-ladies.jp/?gclid=Cj0KCQiApaXxBRDNARIsAGFdaB-6WRvqd0uKyxG1Z5Iyl5R9UNyNg2CBhv7fqwCqDKDcsvFLlvs5hv0aAgisEALw_wcB

ピルの種類と費用

ピルにはたくさん種類があり、保険適用のものもあります。
費用も様々ですし、効果にも少しずつ違いがあるようです。(あくまでも避妊目的のものや、PMSの症状緩和に効果的なものなど…)

医療機関でご相談の上、ご自身に合うピルを見つけてください。

費用については、1シート1800~4000円程度と、種類によって違ってくると思います。

例えば、ヤーズは、保険適用3割負担で、1シート3000円ほどです。

※病院によって、金額に多少違いがあるようです。詳細は医療機関にお問い合わせくださいね。

ピルの副作用

副作用でよく心配されているのが、太る・吐き気・頭痛・血栓症などかなと思います。

実際のところ、ピルで太る可能性は低いようです。太るのは生活習慣の問題なのかもしれません。

吐き気・頭痛については、やや苦しい思いをする可能性はあります。

これはマイナートラブルと言われ、あまり珍しくないことのようです。
飲み始め直後~3か月くらいの間は、吐き気、頭痛などの症状が出てしまう方がいるようです。

多くの場合は、次第にマイナートラブルは消えていくそうです。個人差があり、マイナートラブルがない方、かなり軽く済む方もいるようです。

一番怖いのは血栓症です。(ピルによる血栓症の発症頻度はかなり低いです)

激しい頭痛、激しい胸痛、めまい、失神、ろれつが回らない、非常に脚がむくむ…など、強い症状が出た場合には、血栓症の可能性も考えられます。速やかに病院を受診しましょう。

定期的に病院で血液検査をすることで、ある程度、血栓症のリスクを把握することができるとのこと。心配なことは、すぐに主治医に相談できる病院を選ぶと安心ですね。

※服用は寝る前のほうが、不快な症状が出にくい(出ても寝ているので、気づきにくい)そうです。

肝斑(かんぱん)

肝斑はシミの一種ですが、ホルモンが関係しているそうで、ピルの服用にて発症することもあるようです。
左右の目の下に、モヤっと広がる茶色~グレーのシミです。

ピルの効果

ピルにより、月経の出血量(正確には、消退出血というそうです)が少なくなります。生理痛も軽減します。

PMSによる、精神的な悩み(不安感、イライラなど)が楽になる。

月経以外の反応として…
肌がきれいになります。ホルモンバランスが崩れによる肌荒れはかなり軽減されるようです。
高い美容液を使うより、よっぽど肌の調子がよくなるという話も聞きます。

中には、ニキビの改善のために、ピルを処方する病院があるようです。

まとめ

体質に合えば、良いことが多いピル。

肌がきれいになるなんていう嬉しい効果も期待できます。

ただ、副作用は多少は覚悟しなくてはなりません。

医師にお話を伺いましたが、血栓症のような重篤な副作用は、非常にまれだそうです。
それから、ピルが必要なくなったときは、ご自身のタイミングでやめられます。(服用中のシートは飲み切るほうが良いそうです)
服用中止すれば、多くの場合、翌月には生理が来るし、妊娠も可能だそうです。

このように、ピルには、良い面と悪い面があります。皆さんはどのようにお感じになりましたでしょうか。

PMSの症状に苦しんでいる方は、多くおられると思います。そのような方が少しでも楽になること願っております。ピルを検討する際に、読んでいただければ嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です