【減量】体重測定が減量成功のカギ?|体重の幅を攻略しましょう

体重測定が年に1回の人たち

みなさんご自身の体重はご存じですか?

もちろん知っている!という方もいるかと思いますが、実は、ご自身の体重をご存じない方って多いのです。

特定保健指導でみなさんとお話しさせていただく際に、現在の体重を伺うと…


『次の健診がもうすぐあるから、その時にわかります』


と…。
そのように答えられる方は、案外多いのです。

そして、1年ぶりの体重測定で、体重が5kg増えている!!

という緊急事態にもかかわらず、ケロッとして気に留めていない方も案外多いのです…。

ご自身の体重に無頓着ということは、肥満・メタボを助長します。

逆に言うと、体重を定期的に測ると、減量に成功しやすいということがわかっているのです。

体重は何回でも測る

体重測定に一番いい時間は、朝起きてトイレを済ませて、朝食を食べる前といわれます。このタイミングが一番体重が安定しているからです。そして、健診の時も空腹時に体重測定をしますから、同じ条件で測るんですね。

ただし、知っていて欲しいことは…



体重には幅があるということです。


毎日体重は同じではありません。飲みすぎた翌日、塩辛いものを食べた翌日…

体重は確実にいつもより増えていることでしょう。

そのほかにも、ホルモンバランスなどに左右されて、体重は日々変化しており、一定ではありません。

ただし幅があって、その幅の中で変化しているのです。

一番大事なのは、その体重の幅を知ることです。自分の一番重い体重と、一番軽い体重を知るという意味です。

そのためには、毎日気が付いたときに、何度でも体重計に乗ってみてください。朝・昼・夜いつでも構いません。体重をたくさん測ってください。

アプリなどに記録して、可視化することで痩せやすいといわれますが…毎回記録することはありません。

記録は気が付いたときでOK。記録が面倒で体重測定の回数が減ってしまっては、本末転倒だからです。

(体重を覚えていられる方は)記録しなくてもいいので、しつこいほど体重を測ってみてください。まず1週間続けたら、大体ご自身の体重の幅がわかってくると思います。

1か月続けたら、体重の幅を完璧に理解したと思って構いませんよ。

ミニマム体重を意識する

体重の幅がわかったところで、次のステップです。

このページ内では、ご自身の体重の幅の中で、一番重い体重をMax体重、
一番軽い体重をミニマム(Minimum)体重と呼ぶことにいたしますね。

減量を始めたときには、ミニマム体重を下回ることを意識するんです。ミニマム体重より1kg減った場合は、おそらく、Max体重も1kg減っているかと思います。

体重を減らす、具体的な方法は、こちらの記事で詳しく書いていますので、見てみてください。

減量もリバウンドも一喜一憂しないで

体重の幅を理解せずに、減量を始めてしまうと、その日によって変わる体重をみて、「痩せた」とか「リバウンドした」と感じると思います。

ただ、それは体重の幅の中で変化しているだけかもしれませんよ。脂肪ってそう簡単に減りませんので…。

減量を成功させるためには、コツコツと努力を続けていくことしかありません。長く続けて、努力してやっていたことが、習慣的にできるようになれば、体重も変わってくるはずです。

このことを知っておきさえすれば、少しの体重変化に一喜一憂することなく、減量に向けた努力を続けらるのではないでしょうか。

ただ闇雲に食べる量を減らすという減量方法は、もうやめませんか?

タニタの体重計が安く買えるサイトを見つけましたので、体重計がない方はのぞいてみてください。高価なものでなくても構いませんが、デジタルの体重計がブレがなくて良いです。

メーカー直営ならではのアウトレット商品を格安でご提供

1 COMMENT

あと1kg痩せたい!|体脂肪を落とすためにやるべきこと | 幸せな暮らしのレシピ

[…] 【減量】体重測定が減量成功のカギ?|体重の幅を攻略しましょう 体重計 タニタ 体脂肪計 体組成計 FS-101 | 送料無料 おしゃれ コンパクト ヘルスメーター かわいい 内蔵脂肪 ガラストップ ガラス デジタル シンプル タニタ食堂 たいじゅうけい クリスマス プレゼント TANITA created by Rinker […]

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です