【海外ナビ】パリからベルギー・ブリュッセルへ電車で移動する方法

パリからベルギーのブリュッセルまでは、国際電車のTHALYS(タリス)で約1時間半で移動できます。30分に1本程度運行していますので、旅行の日程に合わせて利用しやすいです。

タリスは全席指定席ですが、乗った感じは日本の新幹線のようでした。衛生的でしたし、席も広くて快適。

あっという間に移動できますので、ご紹介いたします。

パリ北駅(Gare du Nord )から出発

タリスはパリ北駅(Gare du Nord )から乗車します。ブリュッセル南駅まで行きます。

早朝のパリ北駅です。まだ暗いです…

パリ北駅前のオブジェです。

可愛い?こわい?オシャレ?

…ちょっとよくわからない私は

…残念ながら、センスなし!ということでしょう。



さて、駅の中に入ると、大きなモニターが複数あります。このモニターで電車のホームを確認します。

下の写真で、モニターの右端に表示されている数字がホーム番号です。

ただし、ぎりぎりにならないと、ホームが表示されません。
もし、ご自身の乗る予定の電車のホームが表示されていない場合は、

…待つしかありません。

日本の新幹線ならほとんど定刻に出発しますが、海外の電車ですから遅延は日常茶飯事。遅延が発生すればその分ホームが決まるのも遅れます。

もう、待つしかないんです。いろんなところに、モニターがあるので時々チェックしながら待ちましょう。

私の電車は8番ホームより出発でした。

改札はありません。チケットをもって、ホームへ行き電車を待ちましょう。

電車に乗り込む際に、車両と車両の間にスーツケースを置くスペースがあります。あまり多くは置けませんので、スペースに空きがあったら速やかにスーツケースを収納しましょう。

このスペースに鍵はついていませんので、取り違えなどが心配な場合は、ご自身でワイヤーロックを持っていくと安心かと思います。

小さいバッグやスーツケースは席の上の荷物置き(網棚)に置けます。

席は赤くて、広々としていて快適です。

出発後、しばらくすると、乗務員の方がチケットをチェックしにやってきます。フランス語や英語を話す必要はありません。チケットを見せればOKです。

このまま1時間半ほど座っていると、ベルギー・ブリュッセルの南駅に到着です。

パリ北駅のショップ

タリスの乗り方ばかりに気を取られておりましたが、パリ北駅の中にはショップがたくさんあるんです。

電車の待ち時間にぜひ、チェックしてみてください。

スーパーのような感じのお店です。中で購入したものを食べるスペースも用意されています。

ここは売店。

本屋さんに見えましたが、中に入ってみると…

下の写真のように、ジュースやお菓子・雑貨などいろいろ売っています。

駅の中には座るスペースがたくさんありますので、購入したものを食べたり、仕事をしていたり…みなさん電車の待ち時間をうまく利用しているようです。

実は、このパリ北駅の中にクスミティーのお店もありました。日本で購入するより、半額以下の値段でクスミティーが購入できたのです。

これは感激!!

以前にクスミティーを含め、パリでずいぶんお安く購入できたお土産をご紹介していますので、良ければ読んでみてください。

ブリュッセル南駅

最後に、ブリュッセル南駅をご紹介いたします。広くてきれいな駅です。

お寿司が売っていましたので、そろそろご飯が食べたいな~っという方には嬉しいかもしれません。

駅の外観はこんな感じ。

駅の近くは人通りも多く、治安の悪さは感じませんでした。ただ、外国ですから、持ち物には十分注意してくださいね。

ブリュッセルの中心地までは、荷物を持って歩くと大変なので、タクシーなどを利用されると便利かなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です