【海外ナビ】ベルギー・アントワープ|フランダースの犬の舞台『聖母大聖堂』が圧倒的な美しさ!

『フランダースの犬』は、主人公の少年ネロと愛犬パトラッシュの友情の物語。日本でもアニメ化されており、有名な作品です。

そのフランダースの犬の舞台となった教会が、ベルギーのアントワープにあるのです。

ベルギーで一番大きな教会と言われる、聖母大聖堂です。

美しく、豪華で素晴らしい教会でしたので、ご紹介いたします。

聖母大聖堂

ベルギーで一番大きい教会です。1352年から170年近くかけて完成したといわれるゴシック様式の教会です。

聖母大聖堂は、ノートルダム大聖堂/アントワープ大聖堂などとも呼ばれています。

児童文学の『フランダースの犬』の中で、ネロが見たいと願った ルーベンスの『キリストの降架』が実際に展示されています。そして、最後にネロとパトラッシュが天使に連れられて天国へと昇る、あの天井を見ることができるのがこの教会です。

■入場料 6ユーロ

ステンドグラス

広々とした教会の中に入ると、ステンドグラスが複数施されており、明るく豪華な印象。

作品一つ一つが大きくてダイナミック。その一方で、非常に繊細で細やかに作りこまれています。

色鮮やかなステンドグラスに、光が差し込み、その美しさに圧倒されます。

ネロも見た絵画

ネロがいつか見てみたいと願って、最後にようやく見ることのできた絵がこちらの『キリストの昇架』ルーベンスの作品です。

同じくルーベンスの作品で、 『キリスト降架』こちらの絵もネロは見ることができました。

その他にも、様々な絵画が展示されています。

ネロが天国に昇る天井

ネロとパトラッシュが、最後に天使に連れられて天国に行きます。その時の天井がこちら。

ここにも細かな彫刻が施されて美しいです。

その他にも…

こういった展示もありました。携帯電話やスーツケース、マットレス、段ボール…



ちょっと、よくわからない私は………センスなし!!


現代アートって、難しいですね(笑)

ネロとパトラッシュの像

教会の正面にネロとパトラッシュの像があります。

とてもかわいく表現されており、安心感を覚えます。
フランダースの犬の悲しさ、辛さを感じさせない、幸せそうな顔で横になっています。念願のルーベンスの絵を見ることができ、本当に幸せだったということなのだろう…と想像しました。

まとめ

フランダースの犬の舞台にもなった聖母大聖堂。

ここの見どころは、ステンドグラスや絵画、また教会自体の細やかな装飾の素晴らしさなど、数えきれないほどあり、ご紹介しきれません…。

たくさんの光を取り込み、輝く教会内にいるだけで、その圧倒的な美しさと同時に、静寂に包まれた厳かな雰囲気に息をのみます。

躍動感のある絵画や、明るく照らされたステンドグラスを目にするたびに、静かな、そして大きな感動が押し寄せてきます。

まるで美術館のような…教会全体が美術作品ともいえる素晴らしいところでした。

ぜひ、もう一度行きたいと思う、そんな人を引き付ける魅力のある教会でした。

アントワープは、ブリュッセルからICで40~50分です。ICでの移動方法もご紹介しますので、お楽しみに~

また、ブリュッセル発のアントワープ日帰り観光など、オプションツアーで行くのも楽しいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です