【海外ナビ】パリ・シャルルドゴール空港からパリ市内への移動方法|RER B線を利用する

パリ旅行の際、シャルルドゴール空港を利用することが多いと思います。今回は空港からの移動についてご紹介いたします。

パリのシャルルドゴール空港に到着後、パリ市内に移動する方法はいくつかあります。代表的なものを記載しました。

・RER B線
・ロワシーバス
・空港直通バス
・タクシー

今回は、その中でも最も早く、最も安い【RER B線】を利用する方法をご紹介いたします。

※シャルルドゴール空港到着時、入国審査やスーツケースの受け取りについては、以前ご紹介していますので、よろしければ見てみてください。

RER B線の駅へ

スーツケースを受け取ったら、出口に向かいます。フランス語で出口はSorite。

出口に向かうと今度は、【RER B】を目印に歩きます。

私は、ターミナル1にいましたので、エアポートシャトルに乗ってターミナル3へ移動しました。

※ターミナル2からも RER B線に乗れるのですが、今回はターミナル3からRER B線に乗る場合を説明しています。

写真はエアポートシャトルの駅です。ホームの両サイドに電車が来ます。ピストン輸送でターミナルを往復していますので、どちらに進んでいくのか確認して乗りましょう。

エアポートシャトルの駅です。

※エアポートシャトルとは、1~3の各ターミナルとその間の駐車場を結ぶ無料の電車です。
CDGVALと看板に書いてあります。
CDG空港の作りの関係で、T1→→パーキング→→T3→→パーキング→→T2の順に停車します。ターミナルの間のパーキングにも停車するため、降りる駅を確認しましょう。

ただ、もし間違えて降りてしまってもピストン運転しているので、次の電車を待って乗ればOK。方向に注意して乗車しましょう。

エアポートシャトルターミナル3でおりたら、再び【RER B】を目印に歩きます。

するとチケット売り場が見えてきます。

乗車チケットを購入

写真のようなチケット販売機が複数並んでいます。チケット販売機の近くには、スタッフもいますのでわからないときは声をかけると、チケットの購入を手伝ってもらえます。

チケット販売機

それでは早速チケットを購入しましょう。まずは言語を選びます。日本語はないので、英語を選びました。

次はパリまでのチケットを選びます。

Tickets to Paris パリ行きのチケットを選んでください。

Full fare(Adult)は大人用のチケットです。

Singleを選ぶと片道のチケットを購入できます。往復で購入するときはRound Trip

「Single」のボタンの左にある「+」ボタンを押すと、複数枚同時に購入することができます。私は二人分購入しましたので、数字が2になっています。

その後、CONFIRMを押して確認画面へ進みます。

Total Price 20.6 ユーロと出ています。

クレジットカードも使えます。

現金はコインしか使えませんので、パリに到着したばかりで紙幣しか持っていない方はクレジットカードを利用するしかありません。

この画面の右側にクレジットカードを挿入するところがあります。

↓この画面が出たら、暗証番号を入力します。画面の右側に数字を押すところがあります。

次の画面でレシートが必要な場合は、Yesを選択。

↓この画面が出たら、カードを抜いてOKです。

チケットと、レシート(2つ上の写真のところで「Yes」を選択した場合)が出てきます。

枚数があっているかチェックしてください。

料金は二人分で20.6ユーロでした。(1枚10.3ユーロ)

RER B線に乗る

時刻表です。
パリ北駅(Gare du Nord ) の方へ行くのがパリ市内への電車です。

写真を撮り忘れましたが、この後、改札を通ります。切符を改札口に通すのは日本と同じです。

そして、Paris パリ行きの乗り場へ向かいましょう。

時間より少し遅れて、電車が来ました。

私は、運よく快速に乗れたので、次の駅が パリ北駅(Gare du Nord )でした。

およそ30分ほどで、パリ北駅に到着です。私はパリ北駅で降りて、メトロに乗り換えました。
皆さんは、ご自身の降りる駅をよく確認して降りてくださいね。

メトロへ乗り換え

RER線の各駅から、メトロに乗り換える時ですが、パリ市内なら今回購入した切符で乗り換え可能です。

RER線を出る時に改札に切符を通すと、改札が開くと同時に切符が返ってきます。それを受け取り、メトロに乗車するときに同じ切符を改札に通し乗り換えられます。

RER線は改札に切符を通さないと出られないため、無くさないように注意してください。

治安について

RER線は安くて早くて良いのですが、治安が悪いと言われています

快速に乗ると、空港から途中止まることなくパリ北駅につきますので、そんなに怖い思いをすることはありませんでした。

しかし、今回RER線に乗ったとたんに、男性が無言で現れてスーツケースの上に黄色い紙を置きました。そこには、「自分には仕事がない、家族を助けるためにお金をください。」といった内容が書かれていました。

電車内でお金を要求してくる人は、パリ市内でも見ましたが、このような人は完全に無視してください。

無視していたら、何も言わずに去っていきました。

それから、以前に各駅停車のRER B線に乗ったことがあるのですが、その時は途中のいくつかの駅で停まり、その都度人が乗ってくるので混雑しますし、雰囲気も怖いな~と感じました。

昼間に複数の人数で乗るのはOKですが、夜とか一人で乗車する場合は少し時間がかかりますが、バスの利用が安全だと思います。

ちなみに、今回はパリ北駅でメトロ4号線に乗り換えたのですが、北駅付近も治安が悪いように感じました。上着やズボンのポケットには絶対に物を入れておいてはいけません。

混雑した車内は危険です。バッグは身体の前に持ち、必ずチャックをしめて、油断しないようにしてください!!

これまで、パリ市内では怖い思いをしたことがなかったのですが、今回は電車でヒヤッとする場面がありました。やっぱり日本とは違うのですね…。(当たり前ですが…)

まとめ

RER B線でシャルルドゴール空港からパリ市内に移動する方法をご紹介しました。いくつか移動手段がありますが、RER B線が一番安く、早い。これが最大のメリットです。

ただし快速に乗れば、怖い思いをしませんが、各駅停車だと治安が心配…。夜の乗車は控えたほうがいいと思います。

また、乗車チケットを購入するのはそれほど難しくないのですが、購入の際には、現金はコインしか使えません。日本人からすると、信じられないことですよね。

カード社会のフランスでは、困る方はいないのでしょう…。

日本人が、すぐにコインを用意することは難しいと思いますから、 ヨーロッパの旅行にはクレジットカードを持っていくことを強くお勧めします。VISAかmasterならほとんどのお店や券売機で利用できましたよ。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です