【海外ナビ】パリ・シャルルドゴール空港|入国審査とスーツケースの受け取り方

パリ旅行の際に利用されるのが、シャルルドゴール空港です。(CDG空港とかCDGという表記をよく見かけるのですが、これはシャルル・ド・ゴール空港の頭文字をとって書かれているんです)

シャルルドゴール空港はロワシー空港と言われることもあります。(ロワシーという地名の場所に空港があるためです)

今回はCDG空港に到着してから、入国審査・スーツケースを受け取るところまでを詳しくご紹介いたします。

飛行機を降りたらまず入国審査

パリについたら、入国審査を通過しなくてはなりません。

飛行機から降りると写真のような看板がたくさんあります。

Baggageと書いてあるバッグのマークを目印に進んでいきましょう。

※Transferは飛行機を乗り継ぎ、他の国や地域に移動する方が進む方です。

途中、長いトンネルのような歩く歩道を通りました。

みなさん同じ方向に進みますし、あまり迷う心配はありません。

入国審査の列が見えてきます。

上手に撮れていないのですが、日本人はAll Passport の列に並びます。

All Passport と、EU Passportの列があります。EU加盟国のパスポートを持っている方は、
EU Passport の列に並び、無人の機械での入国審査のようでした。

EU以外の国のパスポートを持っている人(日本人を含む)が、 All Passport の列に並び、ここは有人の入国審査です。

Hello~とあいさつして、パスポートを提出します。すると、特に何も会話することなくハンコを押してくれました。

スーツケースを引き取る

あっさりと入国審査が済み、次はスーツケースを引き取ります。

再びBaggageと書いてあるバッグのマークの方に進んでいきます。

途中大きなモニターが現れます、自分のスーツケースがどこから(何番レーンから)出てくるか確認します。見えずらいのですが…真ん中のモニターに乗ってきた飛行機の便名と、スーツケースが出てくるレーンの番号が表示されています。

※ほとんどの乗客が番号をチェックするためにモニターの前に集まっていますから、人だかりを発見したら、きっとモニターがあります!一緒に確認しましょう。

私は3番レーンでした。海外の人は黒いスーツケースが非常に多いと感じました。

みんな、スーツケースを待っています。

ご自身のスーツケースが出てきたら、レーンから降ろします。

取り違えないようにタグを確認してください。

スーツケースや手荷物のチェックなどはありませんから、このまま空港から出てOKです。

まとめ

ここまでは、あまり迷う心配はありません。多くの方が同じ方向に進みますし、立ち寄れるのはトイレくらいです。(入国審査を通ってない人が、簡単に別の場所へ行けないように作られているんだと思います)

パリ市内への移動方法は、改めてアップしますね。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です