【海外ナビ】ベルギーで必ず行きたいショコラティエ~Mary~

ベルギーに行ったら、必ず食べたいのがベルギーチョコですよね。
今回は、ベルギー王室御用達のチョコレートMaryをご紹介します。

Maryとは

Maryの創業者はマリー・ドリュックさんという女性。 創業は1919年ですから、なんと今年でちょうど100周年なんです!!
非常に歴史の長いチョコレートショップですね。ベルギー王室御用達のチョコレートはいくつかあるそうですが、その中でも古くから愛されているチョコレートです。

Maryは、ニューヨークタイムスの死ぬまでに行きたい1000の場所に選ばれているそうです。
チョコレートショップで選ばれたのはMaryだけ!
本当にすごいお店なんです。

美しい店内と美しいチョコレート

私は、ベルギーのブリュッセルのギャルリー・サン・チュベールというショッピングアーケードの中にある店舗に行ってきました。

入口には控えめな看板があります


とても可愛らしいお店です。店内にはところせましと美味しそうなお菓子が並んでいました。
なんといっても、ショーケースの中のチョコレートの美しいこと…。

美しいチョコレートがずらりと…

ぜひ行きたいお店名でしたから、テンションが上がりました。
「すごいねーきれいだねー」なんて言いながら店内を見まわしていると…

「こんにちは。」と日本語で店員さんが話しかけてくださいました。
その素敵な店員さんは、その後も日本語でいろいろ説明してくださいました。彼女のおかげで、スムーズにお買い物できました。

外からも見える所に展示してあるこの可愛い箱は、創業者が描いたイラストだそうです。
この箱に、ショーケースに並んでいるチョコレートの中から好きなものを選んで詰めていただけます。

ただ…美しいチョコレートの種類が多すぎて、何が何だか…
全部食べてみたくなってしまい、選ぶのも一苦労なんです。

店員さんにアドバイスをいただきながら、何とか8個のチョコを選ぶことができました。

店員さん曰く、
「Maryのチョコレートは、甘さ控えめで日本人にも好まれます」とのこと。

実際に食べてみると、本当に上品な甘さで、ベルギー王室御用達というのもうなずけます。

写真はフランボワーズのチョコです。中がトロっとしていて、フランボワーズの風味がしっかりとして、信じられないほどおいしい。

食べるのがもったいない。(といいいながら、あっという間に食べました)
チョコが乗っている紙も可愛いです。


一口食べて、もっとたくさん買って来ればよかった…と、早くも後悔しました(笑)

チョコだけじゃない素晴らしいお菓子

チョコのほかにも、いろんなお菓子がそろっています。
今回購入したのはマロングラッセ。

持ち帰るまでに包装がぐちゃッとなってしまって…なんだかスミマセン。


このマロングラッセですが、とても柔らかくて、しっとりしていて、甘さも控えめなんです。
これも、買って大正解!!

私史上、一番おいしいマロングラッセをいただけました。(これ、本当です。)

次は、鮮やかな色合いが目を引くフルーツのゼリーです。


フルーツの形になっているのが可愛いですよね。
本物のフルーツを食べているような風味で、驚きました。
とても柔らかくて、お気に入りです。

四角い形をしたものは、フルーツの形のものよりも、少し固めです。
こちらも、フルーツ本来の風味がいきていて、とっても美味しいです。

どちらかというと、私はフルーツの形の柔らかいほうが好みでした。

買ったものすべて美味しくて、本当に感動!
アントワープにもMaryの店舗がありました。

ベルギーではいくつもチョコレートショップに立ち寄りましたが、私は一番Maryのチョコが気に入りました。
もしベルギーに行った際には、絶対行くべき!!とおすすめしたいお店です。

日本にも店舗が!

日本国内では、「Madame Delluc」として、祇園と東京のホテルニューオータニに店舗があります(2019年11月現在)

現在は2店舗のみですが、この美味しさなら、百貨店に入る日も近いはず。ぜったいに、店舗が増えてほしいです!!


まだ、ベルギーで購入したものが残っているけど、すでにニューオータニに行きたいくらいです。

店舗情報

■ウェブサイト

https://www.mary.be/en/home

■アクセス(ギャルリーサンチュベール店)

Galerie de la Reine 36, 1000 Bruxelles, ベルギー

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です