あずき茶のサポニンでむくみに対抗できるか!?

レシピ
目次

【あずき茶】をご存じでしょうか?
ペットボトルや、ティーバッグで販売されるほど認知度が上がってきていますね。
にわかに人気のあずき茶ですが、むくみ解消に効果的であるといわれています。
夕方になるとパンプスがきつくなる、ふくらはぎがむくんで痛い…そんな方にお勧めです。
また、血行が良くなるため、冷え性の方も試す価値があると思います。

サポニンは、小豆の皮に含まれています。茹でると、お湯の中に流れ出ますので、効率よくサポニンを摂取できるのが、あずき茶というわけです。

ご自宅でも作ることができるので、さっそく紹介したいと思います。

材料

小豆50g
水500㏄

作り方

1、小豆を水で洗い、よく水気をきる
2、小豆を弱火で10分程度煎る
煎る時間はお好みで調整してください。長く煎ると、香ばしさが増します

※煎る前と後の小豆の写真です。煎ると茶色が濃くなります。焦げやすいので、弱火で加熱してください。
2、煎った小豆を10分程度煮出す
※サポニンを十分に摂取したいので、茹でこぼしません。

煎る時間によって、香ばしさが際だつお茶にも、ほんのりと甘みがあるお茶にもなりますよ。
また、まとめて小豆を煎っておいて、密閉容器などで保存しておくと便利です。

北海道産の小豆も簡単に手に入ります。

もっと手軽に試してみたいという場合は、ペットボトルでも販売されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました