パスタがモチモチに変身!|水つけパスタで調理時間も節約

水つけパスタ

水漬けパスタとは、調理前に、乾麺のパスタを1時間~1時間半ほど水につけておくというもの。どんなパスタになってしまうのか…心配になりますが、実際には、モチモチ感が増して美味しいパスタが作れるのです。

パスタを水につける

容器に、水とパスタを入れます。

それだけ。

私はパスタをゆでる鍋に入れてしまいます。

これで1時間~1時間半まちます。

時間がたつと、パスタが白くなります。なんか…美味しくなるとは信じがたいビジュアルですが…安心してください。

水はパスタにかぶる様にいれます。途中水を吸ってしまった場合には足してください。

水につけていても麺が崩れるということはなくて、少しやわらかくなってきます。

パスタを調理

水とパスタの入った鍋をに火かけます。沸騰してくると、白っぽくなったパスタが、普段の色に戻ります。

沸騰後2分~3分ほどすると、パスタがモチモチになっています。(パスタに表示されているゆで時間とは異なりますので、味見しながら茹で時間を調整してください)

パスタソースとあわせて、出来上がりです。

まとめ

作り方は非常にシンプルです。私の感覚ですが…生パスタには及びませんが、モチモチ感が増すのは事実です。

それから、乾麺のパスタを茹でるのは、太さによりますが、7分とか9分とか…結構時間がかかります。それが水つパスタだと、かなり茹で時間は短縮されました。

水につける時間が少ないと、水つけパスタの良さを味わえませんので、時間に余裕をもって水につけてください。

家族の帰宅時間が分からなくて、でも帰ったらすぐに食べたい。というようなときには、便利かなと思います。

在宅ワークの昼休みに短時間で調理したいというようなときには、パスタソースを用意しておけば、かなり時短で準備できます。

今回は、トマトソースのパスタを作ったのですが…完成の写真がなくて、スミマセン。

乾麺がこのようになるなんて、不思議な感じがしました。面白いし(時短なのが)便利ですから、最近は毎回パスタは早めに水につけるようになりました。

ぜひ、試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です