【海外ナビ】クアラルンプール|国立モスク(マスジッド ヌガラ)が美しい

マスジッド ヌガラ

マスジッドヌガラとは、1965年に完成した国立モスクのことです。

とても大きなモスクで8000人を収容できるのだそうです。

観光客も無料で入れる

観光客も無料で入ることができます。※礼拝の時間は入れません

【見学可能な時間】※金曜日以外

9時~12時
15時~16時
17時半~18時半

【金曜日の見学可能な時間】

15時~16時
17時半~18時半

★金曜日の午前中は入れませんので、ご注意ください。

見学の際の注意事項が書いてあります。

受付にて名前を書きます。

女性は特に、髪の毛や肌の露出は許されません。無料で紫色やピンクの上着を貸していただけます。

しっかりとフードもかぶって、髪の毛を隠しましょう。うっかり前髪が少しでも出ている人を見つけると、係の方が注意していました。

イスラム教って厳格なんだな…と感じました。

靴も脱ぎます。受付の横に靴置き場がありました。

モスク内の見学

モスク内の案内です。

こちらが礼拝堂です。ここは、礼拝の時間以外でも、観光客は入ることができません。神聖なところなのでしょうね。

外から写真を撮ることは許されています。

とても広々としていて、装飾が美しいです。ブルーのステンドグラスが素晴らしいところでした。

通路もピカピカです。壁のイスラム模様(幾何学模様)もきれいでした。

実はこの時…急なスコールでみなさん外に出ることができず、たくさんの観光客が、ここに座っていました。

建物全体がこんなにも美しく、綺麗だとは思いませんでした。

想像以上で感動!

イスラム教というと、女性の黒い服のイメージがあったので、モスクがこれほど明るくて、綺麗なターコイズブルーだなんて、驚きました。

外には噴水があり、緑豊かで素敵なところです。

奥に高い建物が建設中でした。クアラルンプールは今、建設ラッシュのようで、建物や道路など、あらゆるところで工事が進んでいます。

マレーシア発展の勢いを感じます!!

あと何年かしたら、街並みが激変しているかもしれません。

すでに、中心地はとてもきれいに整備されていますが、屋台街など昔からの街並みも残されています。コンパクトな中に、今と昔が混在しているような…。非常に興味深い街です。

着々と変貌を遂げつつあるクアラルンプールに、今来ることができたのは、ラッキーなことだと思います。

国立モスクの情報

■ウェブサイト

http://www.masjidnegara.gov.my/v2/

■アクセス

Jalan Perdana, Kuala Lumpur 50480, Malaysia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です