身体に存在している脂質の種類

健康

脂質・脂肪というと、悪者に思われがちですが、体内には必ず必要な物質です。そして、脂質と言っても、実は様々な種類があります。まずは、どのくらいの種類があるのかご紹介いたします。

体内の脂質の種類

1、コレステロール

・身体の細胞膜を構成成分
・ステロイドホルモン(副腎から分泌されるホルモン)の材料
・胆汁(肝臓で合成される消化液)の主成分である胆汁酸の材料

2、中性脂肪

貯蔵エネルギーとして、肝臓や脂肪細胞に蓄えられているのが中性脂肪です。糖質が不足しエネルギーが供給できなくなった際には、この中性脂肪を分解し、エネルギー源として生命維持に役立ちます。
肝臓や脂肪細胞のみならず、血液中にも中性脂肪は存在しています。

3、遊離脂肪酸

中性脂肪から、遊離した脂肪です。貯蔵エネルギーである中性脂肪はそのままエネルギーになるわけではなく、分解されて小さくなった遊離脂肪酸が、エネルギー源として使われるのです。

4、リン脂質

細胞膜の構成成分であり、本来混ざることのない脂質と水をなじませる性質をもつものです。

脂質のバランス

血中の脂質は、健康な状態では、バランスが保たれています。しかしながら、様々な要因によりバランスが崩れることがあります。そうすると、脂質異常症になり、身体の不調の原因となります。

※脂質については、今後も様々な角度からまとめていきたいと考えております。徐々に情報を増やしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました