【dynabook】PCが故障|メーカー保証を利用する流れと感想まとめ[前編]

PCが故障すると不安ですよね…

dynabookを購入して9ヶ月ほど。毎日使用していたわけではないのですが、故障してしまいましたので、メーカー保証を利用しました。

利用の流れなどシェアいたします。

dynabookが故障

いつも通り使用していたdynabookですが、突然非常に動きが重いと感じました。

「Google Chrome応答なし」との表示。

タスクマネージャーを起動するも、「タスクマネージャー応答なし」とのこと。

再起動してみると(強制終了ではなく再起動できた)、数分使えるのですが、再び同じ症状になりました。

その後、Windowsアップデートを確認し電源を落とし、数時間後に再度立ち上げると…

突然のブルースクリーン‼︎

停止コード【Critical Process Died】

「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。自動的に再起動します。」

と表示されて、自動で再起動されました。すると再び、ブルースクリーンになり…再び自動で再起動…またブルースクリーン…

この繰り返しになりました。

何を試してもダメ

ネットで調べて、出来ることを試してみました。

1、セーフモードで起動

2、更新プログラムのアンインストール

3、プログラムの復元

4、PCの初期化

上記、4つとも失敗してできませんでした。

サポート窓口の電話

dynabookは購入時にサポート窓口の電話番号を同封してくれます。

携帯電話からだとナビダイヤルです。(今はみんな携帯でかけるのにフリーダイヤルじゃないなんて、良心的じゃないなぁ…)

早速電話すると、待ち時間なく担当者に繋がれました。

まずは名前と電話番号を聞かれます。

次に上記に書いた通り、PCの状況を伝えました。

そして、オペレーターの指示を受けながら再び、復元や初期化を試します。(すでに試したけどダメだったって言ったよね?…と思いましたが…窓口の方もマニュアルがあるのでしょう。従うしかありません…)

案の定どうにもなりません。 

こうなると回収修理しか方法がないようで、修理受付窓口に電話を回してくれました。

修理受付

修理の流れは、下記の通り。

1、自宅までPCを配送業者が取りに来る

2、dynabookにて修理

3、PCが自宅に送られてくる

5日くらいで戻ってくるとのことでした。住所と引き取りに来てもらう日を確認します。メールアドレスを伝えると、進捗をメールで送ってくれるそうなので、登録してもらいました。

たぶん初期化するしかないので、PCに入っている情報は消えてしまう旨、説明を受け「承諾」しなければなりませんでした。

定期的なバックアップって必要ですね。今までPCの故障がなかったので、バックアップの必要性を感じていませんでした…。

Microsoft Office

PCを初期化されてしまうとMicrosoft officeも、設定し直す必要があり、購入時についてきた「セキュリティキー」が必要になるそうです。

全部取っておかないといけないんですね。今回たまたまとってありましたが、セキュリティキーを再び使うなんて思ってもいませんでした。

何でもかんでもとっておかないといけないと言うことを、思い知りました。

サポート窓口

電話時間はトータル30分ほどでした。オペレーターの方は、淡々としていて、機械的な感じです。

※決して感じが悪いわけではないです。淡々と伝えることを伝えてくれます。

PCの引き取り

翌日、業者さんがPCを引き取りにきました。梱包もしてくれるので、PCと保証書を渡すだけ。

簡単です。

★とりあえずこの記事はここまで、この後私のPCがどうなるのか、後編を書きました。良ければ見てみてください。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です